ニノキュア 効果

ニノキュアは顔や背中にも効果はある?

 

ニノキュアは腕のブツブツ部分に塗ればどんどん改善してくれるクリームです。
そんなニノキュアですが、腕だけじゃなく顔や背中のブツブツにも効果はでるのでしょうか?
さっそく調べてみました。

 

ニノキュアは顔には使えません。

まず、ニノキュアは顔に使う事はできません。
もし顔にニノキュアを塗れば顔がヒリヒリとしてきたり赤みがでたりする可能性もあります。

 

ニノキュアには尿素が入っていて、尿素は皮膚を柔らかくしたり、角質を落すといったピーリング効果があります。
なので皮膚の薄い顔に尿素入りのクリームを使うと必要以上に皮膚を剥がしてしまい痛みが出たりします。

 

 

そもそも何で顔や背中に使えると思ったのか?

 

もしかして、あなたは腕の赤くなったブツブツをニキビだと勘違いしていませんか?

 

赤く炎症していてすこし膨らんでいる確かに見た目にはそっくりです。
なので、腕と同じものが顔や背中にも出来ているから使えるんじゃないかと勘違いしているのかもしれません。

 

  • 腕にできるブツブツは正しくは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といいます。
  • 逆にニキビの正式名称は、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といって全くの別物になります。

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは

ニノキュアの効果、顔や背中にも使える?
二の腕にできるポツポツは、ザラザラとした感触で、全般的に“さめ肌”と言われています。
正確には”毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)”や”毛孔性角化症”となり皮膚疾患で、赤みが伴うこともあります。

 

主な原因は、肌の入れ替わり(ターンオーバー)の異常により、角質が毛穴に必要以上にたまることで、肌の表面が盛り上がり、ブツブツが起こるとされています。肌はざらざらとしたさわり心地となり、毛穴の周りで炎症を起こして、赤みが発生することもあります。また、遺伝的な要因やホルモン代謝などの影響で症状が起きるとも考えられています。皮膚の乾燥によりブツブツが悪化しやすいので、保湿することも重要です。

 

ニキビとは

ニノキュアの効果、顔や背中にも使える?
毛穴が詰まることで皮脂が外に出ることができず毛穴の中にどんどんと溜まっていきます。
毛穴が詰まっただけの状態から炎症を発生させるのはお肌の常在菌のアクネ菌で、アクネ菌は「嫌気性」と呼ばれる細菌で、酸素のない脂腺の奥に生息します。
また、アクネ菌は皮脂を好み、毛穴の中に溜まった皮脂を栄養として増殖し、炎症を発生させます。
ニキビの炎症が悪化すると、赤くはれ上がって膿が溜まっていきます。

 

 

毛穴が詰まるといったところでは同じように見えますが、症状はまったくの別物です。
なので、ケア方法もまったく違ってくるのです。

 

ニノキュアは固くなった皮脂や角質を尿素のパワーでふにゃふにゃにしてしまいそれを剥がすことで腕のブツブツをケアするのが目的です。
なのでニキビのような毛穴に皮脂が詰まった症状にはニノキュアにはまったく効果がありません。
ニキビ治療にはアクネ菌を殺す殺菌作用が必要だからです。

 

ニノキュアの効果

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)には効果があるが、ニキビには効果は無い

 

顔のプツプツ、背中のプツプツを治すなら

ニノキュアの効果、顔や背中にも使える?

 

顔や背中に出来てしまったブツブツはニキビの可能性が大きいので治すためには殺菌、抗菌作用のあるものを使う必要があります。
アクネ菌の繁殖を防いでくれる、サリチル酸が配合されているものを使うことで高い効果が期待できます。

 

ニノキュアの効果、顔や背中にも使える?

 

ニキビケア用クリームは沢山のメーカーから発売されていますが、中でもオススメなのはジェルレインです
多くの女性雑誌、中でもブライダル関係の雑誌にも紹介されていてドレスを着るために背中のブツブツを消したいって人が多く愛用しているクリームです。

 

ジュエルレインの詳しい詳細については下記公式サイトをチェックしてみてください。